瞬間, カットヌーノローシャ

21 10月, 2013
By

今日はポルトから若手プロデューサーの人生と仕事を少し紹介しようとしている. に 36 年この Tripeiro (ポルトジェンティーレ) 最も認知創造的ショートフィルム形式の一つである, それらが唯一知られていること 3 プロダクション. それがその能力を持っているかどうか, あなたは多くのが好きだろうと, 数分後に個人的な話を削減する, 任意のフォームダイアを欠い, または自分の仕事である被験者の一意性を探るため、, しかし長い費やすことはありませんが、, その表情, テストされている, 克服しているされている, 何よりも, 自分自身と他人の物を構成する, ローシャは、フィルム感度の即時参照の一つであることは間違いありません. そして、これの証拠は彼が彼の少しの仕事を受けた偉大な認識である. このポータルから、我々はこのような認識は、この小さなスペースのブログを構築して参加する.

彼らの最初の生産は短いものだった クレードルロック これは、いくつかの賞を受賞し、映画祭で展示された (ザ Fantas o el ビラDOコンデの国際短編映画祭); ペナルティはネット上でそれを見つけることはできませんその仮想不在です. 彼のプロの舞台, または彼女の最初のショートフィルムは、学校の外で生産, から日付 2009 受賞歴のある短いと 3×3: その驚異的な創造性と知性と彼の障害を克服し、少年の物語. 後に, 年 2011, 短い生成, また受賞, 瞬間: 短期的には、入力の創始者であるリードイン 7 分の概念を浄化する コミュニティ アルは、放浪を返す (Rui Pena) 何を逃した. 以上、我々は感情vuestraを形作るために持ってしようとしている, その後私たちはビデオを残す

 

理想的な地域社会

彼は仕事でトーマス続きを触発 ユートピア それではない完全に - 社会的具体化の意志に, この評価のために、著者の主張を超えて、特定の解釈の結果である - , 男と彼の環境の変革を通じ, 値の豊富なコミュニティのための. もちろん, と仕事に精通している人々を落ち着かせる, すべてがモロで言ったに同意しない, しかし、よりバランスのとれたとして、社会の変化を生成する必要性を包含; もっと コミュニティ.

よく, これは私の意見では短期的にローシャを構築するものです 瞬間. A コミュニティ そのメンバーが心配, 彼はどのように気にしない, いつ、なぜ, しかし : ザ ()感覚を構築: 放浪の寿命は知って勘当コミュニティのメンバーによって駆動され, これまで話する人々や、そのルックスと逃げます, 彼らが信じているものを利用して、受信していない, まれに, いくつかの入力. 驚くべきことではない感度が突然、彼が失っていた何をもって彼に立ち向かう, しかし、再びそれを指示, 徐々に演劇フィクションを通じて感情を速めることオーケストラ, 何の情熱的で衝撃的なデモです コミュニティ, 人々のセット, 取得する機能を有する. 終わり, 私達が見てきたように, 完璧です: 彼が戻って彼女の人生を取得しますが、他はアクティブ証人であるだけでなく、 (そして単なる観客) そしてあなたの仕事をチェックする コミュニティ: ユートピア社会の誕生.

この映画の仕事で多くを学ぶ, 我々は騒ぎに感謝どのくらいの, 人々が直面してないもので、損失やその他の意見の相違に直面している, 自分自身, 取り戻すことはできません(です). 瞬間 の意味を再考するからるつぼです コミュニティ, 我々の唯一の重点が違いによって対立ではなく、彼らのアプローチを維持するに焦点を当てている理由. A コミュニティ 浮浪者のようにマイクロステートはウェルネス回収さ, 一般的な空間と本物の機会の共存. コミュニティ 理想 防止 動作不能.

Si quereis saber más sobre el corto, リュミエール財団ブログを訪問させない, 私たちは、この幻想的なショートを発見するために許可されている. 視聴覚メディアを通じてSeguimo値教育ワーキング. みんなに抱擁

リンク: http://fundacionlumiere.org/13/10/2013/la-vida-en-corto-momentos/

historia

 

email

4 Responses to 瞬間, カットヌーノローシャ

  1. claudio on 25 8月, 2019 at 06:52

    buenas quisiera saber quien es el compositor o cantante del tema gracias

    • Gonzalo Carretero Cassinello on 4 9月, 2019 at 13:26

      Si te refieres a la canción que suena cada vez que entras en el blog. Los autores son David Flores y Alba Parrilla. Crearon la canción para que formara parte de la banda sonora del cortometraje Utopía. Aquí te dejo el enlace con el corto y
      toda la informaciónhttpp://kritodesign.com/educacionymediosaudiovisuales/cortometraje-utopia/

  2. personal trainer en Barcelona on 8 2月, 2019 at 05:00

    blog Entra en mi sitio wellfit.cat

  3. Daniel Mayoralas on 25 10月, 2013 at 10:09

    Gracias por la mención, la verdad es que el corto impacta, no solo por el mensaje, sino por el montaje y la realización (La fotografía, como ese tono azulado y frío contrasta con la luminosidad de los momentos de su anterior vida) Hay otro corto, más largo y esta vez con diálogos en inglés, titulado Vicky and Sam, en el que vemos el poder que tienen los guionistas cuando crean sus historias. Poder y responsabilidad, ya que con esas historias pueden influir en las personas. Otra joya del realizador portugués que, cuentan los rumores, está preparando su primer largometraje

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

EspañolCatalàEuskaraGalegoItalianoFrançaisEnglishDeutschNederlandsDanskEsperantoSvenskaNorskPolskiРусскийSlovenščinaPortuguês日本語Malti우리말Türkçeپارسی中文(简体)עבריתالعربيةاردو
Set as default language
 Edit Translation

kritodesign.com |
Graphic & Web Design Studio

Ofrecemos el mejor servicio profesional en Diseño & Desarrollo Web, Diseño Gráfico Profesional, Tiendas Online, Aplicaciones Web, Aplicaciones Móviles [ IOS & Android ] & Formación para Empresas. Visítenos!